2014年06月25日

情報発信の窓

今日は珍しくOHAの奥田の方からの更新です。

あたりまえかもしれませんが、僕たちのオフィスには窓があります。
窓はいろんな役割があります。
一般的には採光、通風、換気が目的とされています。

でも、中にはコミュニケーションを目的として設けられる窓があります。
共用部から見た僕らのオフィス。
OHArchitecture窓1
見ていただいたらわかるように、中での様子が丸見えです。
見る見られるの関係はお互いにコミュニケーションを生み出します。

窓のすぐ向こうからフォトフレームにより、実績物件の竣工写真や模型写真を写しだし、窓から外に向かって情報を発信しています。
OHArchitecture窓2
自分たちの活動を少しでもたくさんの人に見ていただき、多くの人とコミュニケーションをとる為の窓にしていきたいと思います。

住宅の設計でもコミュニケーションをうむ為の窓はあります。お住まいになられるご家族同士のご関係をしっかりと読みとり、それぞれのご家族にとって必要な場所に必要なつながりを生み出す為には、どのような窓がいいのか、そもそも窓があったほうが良いのか等、たった一つの窓にも思いを込める様な丁寧な設計を心がけたいものです。



京都を拠点に大阪、滋賀、奈良、全国で対応する建築設計、店舗デザイン事務所 
OHArchitecture | オーエイチアーキテクチャー


posted by OHA at 23:09| Comment(0) | oquda | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。