2014年07月30日

模型制作中

お客様に提案をより理解していただく為に、僕たちは模型を作ることが多いです。
今回のお打ち合わせにも、はっと驚くような模型を持っていこうと思っています。

普段は寸法を測ってカッターナイフと定規で地道に切っていくのですが、今回はより精度を求める模型なのでレーザーカッターという機械を利用して、模型のパーツを切り出しました。

プレカット.jpg

機械による加工ができ、次は塗装を行います。
今回は、実際工事で制作されるであろう工程と同じ方法で模型を作成しています。
工事期間が短いという時間的制約がある物件でありながらも、より確かな精度が求められるプロジェクトですので、通常通り造作を現場で行うのではなく、大部分を工場で制作する方法で検討しています。

このように実際工事で制作する工程と同じ方法で模型を作ることで、工事中の問題点や注意点が見えてきます。
お客様により理解をしていただき驚いて頂くツールでありながら、今後検討していくポイント整理のツールにもなり、模型を作っているといつも新しい発見があります。

完成を楽しみにしながら、塗装開始です。

京都を拠点に大阪、滋賀、奈良、全国で対応する注文住宅設計、店舗デザイン事務所 OHArchitecture | オーエイチアーキテクチャー


posted by OHA at 09:06| Comment(0) | oquda | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。