2015年08月11日

古民家改修

昨日は壬生松原のほうで進めている、古民家改修の現地打ち合わせでした。
壬生松原の住宅 古民家 改装
先日解体が完了し基本的な構造が確認出来る状態になっていました。
現状を確認しながらプランに合わせて柱の撤去、梁の補強・架け替えヵ所を検討します。


図面で想定していた棟の位置が違い、実際はトップライト予定のヵ所に来ていました。

今回の古民家は東、西、南とほとんど隙間がない状態で建物が接近して建っているため、如何にして家の中に採光を引き込むのかというのはとても重要なポイントでした。
なのでトップライトも何とかして開けたい。要検討です。

こういった改修やリノベーションはどうしても図面通り行かないことが多々あります。
そいう問題の解決方法を考えることも僕たち設計者の腕の見せ所です。


京都を拠点に大阪、滋賀、奈良、全国で対応する注文住宅設計、店舗デザイン事務所 OHArchitecture | オーエイチアーキテクチャー


posted by OHA at 10:26| Comment(0) | hokken_no1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。